開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
講師ブログ Pick up 講師
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
コース案内 コース案内
MENU
開拓ビジョン
小学生コース
中学生コース
中3受験対策コース
入塾までの流れ
ドキュメント
卒業ライブ
HOME > コース案内 > 中学生コース > 社会

中学生コース 社会

見たいコンテンツを選んで下さい
授業コンセプト 授業Live! 開拓ならではの授業1 開拓ならではの授業2


授業コンセプト

Reality 昔(歴史)と現在のつながりに気づく

豊臣秀吉社会の教科書は常に変化をしてきています。新たにわかった歴史的事実、地形の変化による生活の変化、法律の制定・改廃など 社会は「今」動いています。開拓塾では、こうした現在との関係性を大事にしています。とくに歴史「昔」を教える際には、「今」との比較をしていきます。時事的なことを授業内で取り入れていくことは重要なことだと考えています。


History 人と人が築き上げた歴史を感じる

地図世界には様々な国や地域があり、文化があります。また日本国内だけをみても地方ごとに様々な特色があると言えます。それは人々がその土地の風土に合うよう考え、そして、生活をしてきたからです。それぞれの土地で人々が築き上げた文化を理解すること、つまりその土地の歴史を学ぶことが、地理の醍醐味だと思います。また、「人権」というテーマで授業をする際も、どのような経緯で人権を得てきたのかという歴史や、新しい法案や制度が生まれるのも過去にどういった問題があったからなど、そこに至るまでの経緯を出来る限り考えさせていきます。当時を振り返り、人と人が築き上げた歴史を感じさせることが出来たらと思っています。
もともと小学生の時から歴史好きの生徒は多いように感じます。「好きこそものの上手なれ」ということわざがあるように、開拓塾では、「社会という教科を好きにさせていきたい」 と考えています。そのために、生徒の「なぜ?」が自然と湧き上がるよう授業を行います。
また、すべてを覚えるのではなく、世の中の原理原則を理解することで考えればできることも数多くあります。授業では必ず疑問を投げかけ考えさせています。とかく暗記させるだけになりがちな授業も、考えさせることで定着をはかっていきます。
歴史が出来るようになり、より歴史好きになることで、結果的に地理も公民も出来るようになると考えています。


Position 位置関係をつかむ

「位置(場所)」というと、都道府県や都市の位置などがあります。地名だけでなく、位置も押さえておくことは地理を学習する上では欠かすことは出来ません。そして、その地の特色を結びつけて定着をさせていきます。開拓塾では、同じように歴史分野、公民分野を指導する際も、この「位置」をつかませていきます。
歴史分野では、出来事の原因と結果、ただそれだけの指導では止まりません。
「その出来事が何時代に起こったのか」
「そのとき世界ではどんな出来事があったのか」
つまり、
「年表中ではどの位置に存在することなのか」、
「他の出来事とどういう関係があるか」
を教えていきます。
これらをつかませることで、今まで断片的に覚えてきた歴史の一つひとつがつながっていきます。有機的に結びついた事象は単純な暗記とは比較にならないほど強く印象づいていきます。
公民分野での指導は、いかに自分に身を置いてものを考えさせることができるのか。
「国民として国家からどうのような福利を享受しているのか。」
「市民として行政にどのように関わっていくのか。」
つまり、それぞれの人の立場としての「位置」を捉えさせて理解させていきます。
家計の収入と支出、市場価格の上下、企業の活動、政府と銀行の役割、ひいては経済のしくみを私たちが一方通行で教えていくつもりはありません。開拓塾では、必ず生徒自身に自ら考えさせる部分をつくります。私たちの生活にどう結びついているか、ということを感じさせ、今の世の中に関心を持たせていきます。単に覚えるというよりも根本から社会の関係性を理解させることを目指しています。開拓塾では、社会のどの分野においても「位置」を捉えさせ、自ら考えることでより理解を深めることが出来ると考えています。


授業Live!


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
講師ブログ   Pick up 講師
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾