開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
Student Blog 講師ブログ 校舎通信 Pick up 講師 Pick up 生徒
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
コース案内 コース案内
MENU
開拓ビジョン
小学生コース
中学生コース
中3受験対策コース
入塾までの流れ
ドキュメント
卒業ライブ
HOME > コース案内 > 中3受験対策コース > 社会

中3受験対策コース 社会

見たいコンテンツを選んで下さい
入試が難問化している理由 開拓塾の得点力の秘密


入試が難問化している理由

歴史の深い理解が必要

入試で得点がなぜ取れなくなってきているのでしょう。
とくに歴史分野で難問化しています。菱垣廻船や和同開珎など普段あまり目にすることのない資料が出題されています。教科書内容の変更にともなって、資料を多く用いた授業や調べ学習が多くなったことによる影響だと思われます。また、歴史上の出来事の「いつ」「どこで」「だれが」「何を」「なぜ」「どのように行ったのか」そして「その結果どうなったか」というタテの流れを問う問題が多くなりました。

ここで、入試と定期テストの出題形式の比較をします。
定期テスト 「1192年 鎌倉幕府を開いた人物は?」など。
つまり、1問1答式なのです。

高校入試
「1192年 鎌倉幕府が成立したときに世界では何が起こっていたのか?」
これは日本と世界とを比較し、ヨコの時代感覚を問う問題です。こういった問題は、定期テストではあまり出題されていません。

このように、歴史分野において、タテ・ヨコの感覚のそれぞれが必要となり、以前と比べても歴史の深い理解が必要となったと言えます。ですから、時代ごとに問う定期テストと入試では必然的に勉強方法が異なってくるのです。

開拓塾の得点力の秘密


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
Student Blog   講師ブログ   校舎通信   Pick up 講師   Pick up 生徒
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾