開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
Student Blog 講師ブログ 校舎通信 Pick up 講師 Pick up 生徒
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
コース案内 コース案内
MENU
開拓ビジョン
小学生コース
中学生コース
中3受験対策コース
入塾までの流れ
ドキュメント
卒業ライブ
HOME > コース案内 > 小学生コース > 国語

小学生コース 国語

見たいコンテンツを選んで下さい
授業コンセプト 授業Live! 開拓ならではの授業1 開拓ならではの授業2
小学生コースで身につけたいこと


授業コンセプト

1 土台は読む力

本国語の基本は文章を「読む力」にあります。教科書内容の読解を中心にていねいに指導しています。
特に
「比喩表現」「同意表現」「先の展開を意識する」「接続詞のはたらき」
には注意をはらわせ、「読む力」をつけていきます。一貫して指導をし続けることにより、読解力を身につけさせます。


2 答えにたどりつくまで

国語の問題を解くにはまず問題文をきちんと読み取らなければなりません。 例えば次のような問題です。
「ヤミーナが立ち止まって耳をすませて聞こえたのは、実際には何だったのですか。文章中から12字で抜き出しましょう」
実際にとあるので、はじめに聞こえてきたものは答えにはならないことが理解できていないと解けません。また、抜き出し問題なので、間違いなく抜き出す注意力も必要です。「部分と一文の違い」「理由を聞かれたら文末は『から』で答えるなどよく聞かれる出題形式は繰り返し注意を払わせます。このようにして、答えにたどりつくまでの過程を教え、正しい解答を出す力を養成しています。


3 表現する力を

小学生文章作成能力を身につけさせる授業を実施します。
これは、教科書内容からはなれ、開拓塾オリジナルの教材を使用して指導していきます。
入り口は「楽しく」。
例えば、キャッチコピーを考えさせる授業があります。
君はコピーライターだ。ある仕事が任された。依頼主はラーメン屋の親父。ラーメン屋の親父がこう言った。「うちの豚骨ラーメン、どうまいよ。だけどなぜか客が来ないんだ。俺の顔が怖いからかなあ。確かに笑顔でサービスしてないしなあ。でも、近くにたくさんラーメン屋はあるけど、うちのが一番うまいに決まっているのに。夜の2時までやっているし」 さあ、君のキャッチコピーでこの親父のラーメン屋をはやらせてやろう。20字~30字で考えてみよう。
生徒は楽しそうに考えながら様々な答えを書いてきます。「いいね」「うまいなあ、その表現」。教師の言葉に生徒も満足そうです。
例えば、「韻」の授業。生徒たちに文章から韻を探させたり、韻をふむ言葉を考えさせたりします。さらには漢字の韻や日本語と英語の韻を教え、生徒たちに作らせていきます。また、単純な韻のみではなく、飛躍した韻も教えます。
最終的には、作文や詩が作れるように指導していきますが、
「生徒が自発的に自由に表現する力を身につけさせる」
ことを念頭におき、少しでも「楽しく」学べるよう教材を作成しています。


授業Live!


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
Student Blog   講師ブログ   校舎通信   Pick up 講師   Pick up 生徒
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾