開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
Student Blog 講師ブログ 校舎通信 Pick up 講師 Pick up 生徒
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
コース案内 コース案内
MENU
開拓ビジョン
小学生コース
中学生コース
中3受験対策コース
入塾までの流れ
ドキュメント
卒業ライブ
HOME > コース案内 > 小学生コース > 算数

小学生コース 算数

見たいコンテンツを選んで下さい
授業コンセプト 授業Live! 1 授業Live! 2 授業Live! 3
小学生コースで身につけたいこと 体感させる 力を試すステージ




小学生がチャンス!!


小学生のうちはチャンスである。これが開拓塾の考えです。中学生になると部活動が 忙しくなり、定期テストや内申点と、様々なものが生徒を支配していきます。小学生のうちはそのようなものがゼロではないですが、中学生に比べるとだいぶ余裕があります。その時間を狙うのです。


生徒にとってよい塾とは

どういう塾が生徒にとってよい塾なのか?
「教科書の内容を隅から隅までやってくれる塾」が丁寧でよい塾だと考えられる方も多いかとは思いますが、答えは「NO」です。
もちろん、塾の授業が週に4回も5回もあるならばそれも可能でしょうし、 生徒の力もつくでしょう。しかし、小学生において1週間の半分以上を勉強漬けにする必要はないと私たちは考えます。また、少ない時間の中で幅広く教えたところで、生徒の力はつかないでしょう。限られた時間の中で重要な部分にスポットを当てて、そしてその時間の中でいかに楽しく学んでいくのか、ということに意味があると考えています。
当然その重要な部分には、計算など絶対にできるようにしなければならないところが含まれますが、ポイントはその他の部分です。「どこを選んで指導していくことが最良か」これが重要になってきます。開拓塾はそこに徹底的にこだわっています。


算数・数学に求められる力を

「計算は出来るけど、文章題が苦手で・・・。」
生徒や保護者の方からよく耳にします。

文章問題を攻略するためには、大きく2つの方法があります。
1つは徹底的な連打。
同系統の問題を解き、その解放・式の成り立ち方を理解すること。
何度も何度も同じジャンルの問題を解き、感覚的に身にしみこませることを、開拓塾では実践しています。

しかし、これだけでは多種多様な応用問題への対応力は養われません。
数字が変わったという1点のみに対して有効ではあるが、実際、初めてみた問題には生かすことができない生徒が多いです。

そこで、2つ目として、文章を式へ変換する力。
この力がとても重要です。
小学生の多くが文章問題で式を作る際、「感覚的」に解いています。
出題される数字を追うこと、その数字を組み合わせて解くこと、その際、特に算数を苦手とする子は答えが分数・小数にならないよう、 整数になる組み合わせを考える子が多いです。
これは、文章を式へと変換しているのではなく、無意識に数字を追って、答えとしてふさわしい計算処理を行い、きっちりとした数字の答えに導くという、やり方です。

例えば、はじめ8個の積み木がある。1秒につき1個ずつ積み木を増やしていくとき、答えとしては、
8÷2=4倍、10÷2=5倍
とやる子もいれば、
2÷8=0.25倍、2÷10=0.2倍
と様々な数字の組み合わせにより、答えにバラつきが生じます。

ここで文章を式へと変換する力が必要となります。
2秒後の積み木全部の長さ・・・はじめ8個+2秒間で2個=合計10個
もとの積み木全部の長さ・・・もと=はじめなので、8個
つまり合計10個の積み木の長さははじめの8個の何倍か、ということなので、
10÷8=1.25倍
が正解となります。

このように文章を式へと変換するために、文章問題内容の状況・設定を読み取る力も必要になります。
文章題によって、幅広いジャンルに分かれていくとき、最終的に作る式に、あまり多くの種類はありません。
ですから、その手前の文章を読み取るとき、内容の状況・設定を読み取る力、すなわち文章を式へと変換する力が、現行の算数・数学においてはとても必要であります。


計算力の向上

計算力とは、正確性とスピード、その両方をあわせた力を指します。
いくら正確でも、遅ければテストで点数に結びつかないし、
いくら速くても、間違いだらけでは結果は出ません。

そこでこの2つの力をつける前に、我々は「正しい計算方法の確立」に比重を置いて授業を行っています。

算数の計算は何かしらの答えを出すことは出来ます。
複雑な計算でさえ、数字を組み合わせることで何か答えを書くことは出来ます。
しかし、計算の正しい答えは1つ。
その1つにたどり着くためには、正しい計算方法をしなければなりません。
正しい計算方法といっても、やり方は複数存在します。
その中で、全体の教え方の統一性を保って、出来る限り少ない思考経路の中で解いていける力を身につけさせたい。
小数の計算、分数の計算、比の計算など、様々な計算の正しい計算方法を確立させていきます。


ミスの防止

中学生になってからの問題として、ケアレスミスがあります。
テストではいろんなことが起こります。
時間が足りなくなったりとか、2×3=5と計算してしまったりとか。
そこで、自分の間違いに気付ける力を小学生のうちにある程度つけてしまいたいと考えております。
問題を解いている最中に「途中で1箇所間違えてるよ。どこか探してごらん。」と伝えます。 (もちろん、「ここが違うよ。」と伝えることももちろんあります。)
そうすると、「自分の間違いはどこなんだろう?」という思考の中、生徒は自らの途中計算に目を向けます。
この心が、本番でミスを見つけることの出来る力になります。
もちろん、ミスをしない方法を確立することも大切です。
しかし、ミスをしない人間はいない、という考えのもと、起きてしまったミスを、どうリカバリーしていくかがポイントになります。
ですから、自分の間違いを探させることで、その体感をさせていきたい。
講師が黒板に間違えた途中計算を書き、どこが違うか分かる?と探させることもあります。
本番を想定した中で、生徒の得点ダウンの原因を少しでも防いでいく。
小学校教育からミスによる失点を最小限に食い止める指導を行っていきます。


中学生内容への発展

小5・小6ともに、カリキュラム内で中学生内容を実施していきます。
これは、開拓塾の理念の1つ「できる可能性をはばまない、できる可能性にかける」という指導理念に基づき、実施をしています。
小5では、円の円周と面積の部分でおうぎ形を、角度の部分で中2履修内容を教えます。
小6では、おうぎ形、文字の計算、文字を使って表すことを行っていきます。

問題を解かせる際に、私たちが1番に考えること。
それは、「正解を出す楽しみを与えたい。」
中学生レベルの問題と伝えると、「やってやるぞ!」という気持ちになる子もいれば、「そんなんムリじゃん」と諦めてしまう子もいます。
そこで、「ここまでの内容を踏まえたら解ける問題だぞ、やってみよう。」と彼らにアタックを呼びかけていきます。
そして、正解の生徒に「よくできたね!えらい!」とすぐさま褒めていきます。
集団授業であるからこそ、集団の中で褒められる喜びもあれば、「○○さん、すごいな。私も正解出したい」とプラスの感情も生まれてきます。
その相乗効果で、算数の楽しみを知るクラスを形成していきたい。

年を重ねるごとに、履修内容は複雑化していきます。
しかし、複雑になっているのは、思考経路・計算処理のステップで、その1つ1つはこれまで習ったことという土台です。
その1つ1つを組み合わせて、正しい答えに向かって、生徒1人1人が論理的に筋道を立てて、使える知識を十分に使い、テストや入試で初めて見る問題への正解へと向かう1歩を小学生の授業からスタートさせたいという中で行っています。


誤解答から正答へ

授業中、走り回って生徒1人1人の答えを見回って行きます。
その際、生徒の誤解答を我々は大切にしています。
誤解答を元に、新たな教科指導書を作成することはもちろんですが、誤解答に対するアプローチも積極的に行っています。
多くは、「ここ、違うよ。」や、「×だよ。」と答えの合ってるか、合ってないかだけで見る目線だと思います。 そして、その間違いの指摘が生徒の向学意欲を奪っていること、生徒が算数嫌いになることの理由の1つだと私たちは考えています。
私たちは、間違った答えに対してのケアを最大限行います。
「1つの答えが出るためには、必ず1つの思考経路がある。」
間違いをただ、「間違い」というのは簡単です。
大切なのは、なぜ、その答えになったのかという思考経路(考え方のプロセス)だと思います。
長年にわたり、現場を経験しているからこそ、多くの誤解答を目にしてきました。
そして、多くは毎年同じ間違いだったり、教え方を変更したことによって生じる誤解答です。
しかし、中には、我々の思いもよらない答えがあります。
その際、「どうやって考えたの?」と生徒に考え方のプロセスを聞きます。
「ここが、こうで。こうだから、こうなった。」
「そうかぁ、やるじゃん。その方法でいったんだね。いいぞ。」と、僕らは切り替えします。
思考柔軟性が高い小学生だからこそ、いっぱい考え、いっぱい間違えていいと思います。
自分のやり方で解く素晴らしさ、私たちはそのアタックを最大限認めていきたい。
そして、「ここが、こうなるから、ここの考え方を覚えておこう。」と正しい思考ステップも植えつけていきます。
これを繰り返し、繰り返し行うことで、生徒の積極的な解答・問題へのアタックを指導し、確かな学力を築いていきたいと考えています。
授業Live! 1


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
Student Blog   講師ブログ   校舎通信   Pick up 講師   Pick up 生徒
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾