開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
Student Blog 講師ブログ 校舎通信 Pick up 講師 Pick up 生徒
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
コース案内 コース案内
MENU
開拓ビジョン
小学生コース
中学生コース
中3受験対策コース
入塾までの流れ
ドキュメント
卒業ライブ
HOME > コース案内 > ドキュメント 講師の声 2

ドキュメント 講師の声 2

15歳の強さ
中3の入塾当時、マナミはBクラス。(学力別A・Bクラスによる)。志望校は豊橋南。得意科目は社会。苦手科目は数学。

彼女は、1学期中間テストから社会100点を取り続けたことで、『 やれば、できる! 』という自信を確実につかみ、点数、順位にこだわり始めた。志望校も豊橋東に変えた。 2学期中間。順位も着実に上がってきた。しかし、どうしても10番の壁を越えられない。 『 がんばれ、マナミ! 』心の中で何度も叫んだ。
今まで以上に、マナミは奮闘した。我々が指示したことを全てこなしていった。
年が明け、マナミは東にするか、時習館を受けるか、迷うほどにまで成長した。

「 マナミ、時習館の受かる可能性は40%。本当によくがんばった。どっちを受けたってかまわない。どっちを受けることが正しいなんていうものでもない。おまえが決めたことが正しいんだ。自分の道を自分で決める強さを持ってほしい。俺は、おまえが決めたことにただ応援したい。どうする? 」

「 ・・・時習館を受ける。 」

マナミはBグループ時習館、Aグループ国府で出願。
いよいよ、Bグループ入試の当日。なんとしても46点以上とってきてくれ、祈るような思い。
いてもたってもいられず、その日の夜、電話をした。しかし、43点しかとれなかったという。
なんて言ったらいいのか、わからなかった。
大失敗である。20回入試を受けたとして、1回取るか取らないかぐらいの大失敗。
Aグループ前日、いつもと同じように塾に来た。一生懸命5時間の授業を受けた。
私は最後に、全生徒に言った。
「 Bグループが本命の生徒にとっては、明日のAグループのテストは気合いがはいらないかもしれない。Bグループが本命の者にとっては明日、最高点を取ることは意味がないかもしれない。でも、それは高校の合格ということにおいて言えるだけだ。おまえたちにとって、中学校生活最後のテストだ。俺は、おまえたちがどっちが本命だろうと、恐れずに、あわてずに、今まで学んできた全てをぶつけて、最高のペーパーテストに仕上げてほしい。誰のためでもない。誰に認められるためでもない。おまえたち一人ひとりの中学校生活のフィナーレだ。そんな気持ちで、明日のテストを受けてほしい。 」

5時間の授業を受けた後とは思えないほど、みんなよく聞いていた。『 明日、がんばる 』という気持ちがひしひしと伝わってきた。一番それを伝えたかったマナミの目には、うっすらと涙が浮かんでいた。

グループの試験が終わり、翌日マナミは塾に来た。
笑顔たっぷりで、「 先生、48点。社会10点、英語9.5点、数学9.5点、理科9.5点、国語9.5点。 」
48点が仮にBグループだったら、時習館の合格は間違いないどころか、トップグループの点数である。マナミの口からはいっさい「 逆だったらよかったのに・・・ 」というような言葉は出なかった。

「 先生、私、国府で一位かな? 」
「 48点なら、おまえが一位だ。マナミ、最後に決めたな! 」
私は涙をこらえるので精一杯だった。
「 マナミ、おまえは本当に強くなった。俺なんかよりずっと強いよ。今日、おまえからいっぱい学んだ。 」
マナミは少しだけ照れていた。
あのときのマナミの照れ笑いが、今も心に焼きついている。
開拓塾塾長 岡田 竜馬

講師の声 3

※本文は、開拓塾卒業生、斎竹さんとの実話であり、掲載の了承を頂いております。


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
Student Blog   講師ブログ   校舎通信   Pick up 講師   Pick up 生徒
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾