開拓塾 小学5年生から中学3年生までを対象とした学習塾
PICK UP
講師ブログ Pick up 講師
HOME ビジョン コース案内 校舎一覧 会社情報 採用情報 お問い合わせ
コース案内 コース案内
MENU
開拓塾の考え方
小学生コース
中学生コース
中3受験対策コース
入塾までの流れ
ドキュメント
卒業ライブ
HOME > コース案内 > 開拓塾の考え方 教育改革は大人の意識改革

開拓塾の考え方 教育改革は大人の意識改革

今、小中学校が様々な問題を抱えて揺れ動いていますね。教育改革も進められようとしていますが、塾の立場から見て、現在の教育をどう感じておられますか?
いじめ、不登校、少年犯罪など、色々なことが騒がれていますけど、大人の立場からだけみて対策を考えても仕方がないと思います。システムを変えればうまくいくというのは大間違い。人間が、人間に対してどう向き合うか、それを考えるのが教育改革のスタートだし、そういう意識がなくては成功はしないでしょう。むしろ、悪循環を繰り返すだけだと思う。


子どもではなく、あくまでも大人の姿勢がポイントだと?
今の大人って、基本的に暗くなってしまっていると思うんですよ。勉強はイヤなもの、受験は悪いもの、競争は差別を生むから排除しましょう、って、全部マイナスの面ばかり観ている。でも、もっと明るく考えて、おおらかになっても良いんじゃないかな。


おおらかになるというのは…?
イメージ画像学力偏重になるといけないから、受験のシステムを変える。足の遅い子がかわいそうだから、徒競走を廃止する。今の教育改革はそういう方向でしょう。それじゃ、勉強が得意なヤツや足の速いヤツは正当に評価してもらえない。できることを認めることは、それをできない人を否定することではないはず。逆に、何か一つのできたことを認めることが全人格の肯定ではない。すばらしいことを認め合う環境がなく、こそこそしながら、噂話をするような環境を大人がつくってはならない。もっとどんどん認めてあげれば良いじゃん、と思うんです。今の子って、自分を過小評価している子が多いんですよね。特に、勉強も運動も普通、これという得意なものがない子は。そんな子が、勉強を頑張って成績がぐんぐん伸びた場合、すごい自信になる。ノリがでてくるというか、勉強以外のことにもどんどん取り組む意欲がわいちゃうくらい、大きな自信につながる場合もある。そういう意味では、諸悪の根元みたいに言われている受験だって、自信をつけるためのステージになり得るんです。それを、『できない子』『負ける子』が出ることを防ごうとするあまりに、『できた子』『 勝った子』を評価する場所を狭めていこうとしている。そういうごまかしをするんじゃなくて、失敗も明るく受け止めようと努力していくことが今必要なことなんじゃないかと思います。


でも、どれだけ頑張っても認められない子、というのもいますよね?
自然のイメージ指導する側の見方次第で、認める材料なんていくらでもありますよ。『認めない材料』ばっかり探しているから、気が付かないだけ。だから私は、塾の中で、生徒の色々なところを認めていきたい。小学校5年から中3まで、一度も欠席したことないヤツなんて、偉いと思いません?体調が悪い時だってあるだろうに、根性あるでしょ。ノートがきれいにとれる子、逆に、読めないくらい汚い字なのに正解をしっかり出す子、すごく明るい子、おとなしいけど礼儀正しい子、真剣に授業を聞く子、どれもたいしたもんだと思う。それら全てを、思いきりほめたい。ほめるために出席簿も欠かさずつけるし、ノートにも目をとめる。大人がそういう気持ちを持たないで、ほめることに臆病になるというのは、何か間違っていると思いますね。

ほめられたいと思われる先生であれ

※本文は雑誌取材による開拓塾塾長 岡田竜馬のインタビュー記事です。


←戻る pagetopへ↑
HOMEインフォメーションビジョンコース案内校舎一覧会社情報採用情報お問い合わせ
講師ブログ   Pick up 講師
Life-size Trouble ~カウンセリングルーム~
サイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) KAITAKU INK. All rights reserved.
To Your Stage 合格の架け橋 開拓塾